スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマ「運命の人」

昨日、テレビで「運命の人」というドラマを見ました。

これは、小説を映像化したものですが、現実にあった実際の事件をモチーフに
人間ドラマが描かれています。

憲法を学んだことがある方であれば必ずといっていいほど
目にしたことがある判例「西山事件」です。

マスコミによる報道の自由が一体どこまで認められるのか?
事実の報道であればどのような手段であっても正当化されるのか?
法律の授業ではこのような論点から判例を学びました。

今まで教科書の文字による事実しか知らなかったので
このような人間ドラマがあったとは驚きで興味深いものでした。

テーマが難しいだけに聞きなれない用語も出てきますし、
気楽にテレビを見ようという気分のときにはおすすめしません。
実際の事件がもとになっていますが、新聞記者の視点から描かれていますので
必ずしも真実とは限りません。

しかし、硬派な作品を見たい方にはおすすめします。
スポンサーサイト

那須旅行 その2

前回の那須旅行の続きです。

研修旅行という事で、行政書士の仕事に関わる研修も受けてきましたが、
ホテルの支配人の方から3・11の被害やその対応、いざという時のリスクマネジメントなどについて
お話を伺う事が出来ました。

ホテルのある那須は栃木県にあり、東北地方に近いため、やはり震災の被害を受けたそうです。
被害が少ない分、当然といえば当然かもしれませんが、中心地のようにすぐ救援活動は来ない。
水道が使えないのでトイレも使えなくなり、食事をとるお皿もラップをして極力水を使わない。
電力は比較的早く復旧したようですが、すべてのライフライン復旧には時間がかかったそうです。

建物の補修工事にしても、全壊や半壊ではないから補償してもらえない。
また、建物自体は壊れなかったが微妙なひび割れが多くて困ってしまった。
ホテル再開までには50日を要したそうです。

また、日本と海外には突然のハプニングに対する考え方の違いがあること。
海外の方はハプニングが起こっても慌てず、その時に出来る事を行い、今を生きて楽しむ。
そんな違いがあったそうです。

「今を生きる」「何があっても動じないよう想定外に備える」
考え方を変えるだけで行動も変わる、そんなことを学びました。
プロフィール

桑原信人

Author:桑原信人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。