スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物権分野 登記や抵当権について

本日は民法の物権分野について講義を行いました。

物権は「Aが土地を持っている」というような「物」に対する権利のことをいい、
人とモノとの関係について定めています。

例えば、Aの土地をBに売却すると、Aが持っていた土地の所有権はBに移ります。
これを「物権変動」と言います。

しかし、不動産の場合にそれだけでは他の人(第三者)に対して
自分の土地だと主張することはできません。

他の人に対して「自分の土地です」と主張するためには「登記」が必要です。
これが不動産物権変動の「対抗要件」と呼ばれるものです。

そこで、土地を購入したときにはきちんと登記をしておくことが必要になるんですね。
もし手続きが大変だから誰かにお願いしたい、という時には専門家にお任せすることもできます。

また、自宅を購入してローンを組む場合には毎月の支払いが必要です。
万が一支払うことができなくなった時はマイホームを手放さないといけないかもしれません。
それは、ローンを組むときに建物や土地に「抵当権」というものを付けているからなんですね。

抵当権とは、ローンなどの支払いを担保するために設定し、その返済ができなくなった場合に
抵当権を実行して建物や土地を売却してお金を回収する権利の事です。

他の担保権との違いはマイホームに住みながら返済を行なえることです。
質権の場合にはローンを支払い終えるまで債権者(お金を貸している人)から
マイホームを返してもらえない、という不都合が生じてしまいます。
だから不動産の担保の場合には質権ではなく抵当権が設定されるんですね。

テーマ : 就職・転職の応援案内
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

桑原信人

Author:桑原信人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。