スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法務2日目

昨日は法務の訓練2日目、憲法の人権や民法の概要がメインテーマでした。

人権のうち生存権では、最近話題になった生活保護の不正受給の問題に触れました。
不正受給は困ったもんですけど、困った人はきちんと保護して欲しいですね。

また、民法の概要ということで民法って何だろうというお話をしました。
民法は人と人との間のルールについて書かれているもっとも基本的な法律です。
ただ、条文数が多いのと初学者の方が苦手としやすい法でもあります。

おそらく独学で民法を学ぼうとするとなかなか苦労するのではないかと思います。
そこで、まずは大きな視点で森から見てみようという所から入りました。

ちなみに、法律系の資格で民法はほとんどの資格で活かすことができますが、
宅地取引主任者、いわゆる「宅建」という資格にも民法から3割出題されます。
受験生が一番苦手としやすく勉強に時間もかかる分野です。

営業で不動産関連に就職したい方にはとてもおすすめの資格です。
事務所に5人に1人は必ずいないといけない資格者ですから。

ということで、民法は大きく分けて5つの分野に分類されます。

1 総則 民法の共通ルールを定めています。
2 物権 人と物との関係について
3 債権 人と人との関係について
4 親族 婚姻や身分関係など
5 相続 身近な人が死亡した場合の遺産分割など

相続は行政書士にとってはかなりのウエイトを占める分野ですが、
就職支援の為の講義ですので今回はあまり触れません。

次回は総則分野の講義に入っていきます。
スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職の応援案内
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

桑原信人

Author:桑原信人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。